営業支援の内容についてよく考えて行動している

支援ツール導入後の行動に変化が

スタッフが営業に専念するために職場の士気・雰囲気が変わる支援ツール導入後の行動に変化が

例えばメールの対応に時間を使い過ぎて本来の業務の妨げになっているとか、事務作業が多過ぎるために取引先とアポイントを取る時間がないという課題が見えて来たらそれを改善するためにはどうしたら良いか考えることができます。
なぜ効率良く業務を熟すことができないのかよく考えることが大切で、課題が見つかったらそれを解消するために何をしたら良いのか対策を立てることができてそれが業務の効率化に繋がります。
課題を発見することができたらそれを無くす、減らす、変えるの順に改善策を考えていきますが、無くすというのが最も効果的な方法であると言えます。
私もそのことをよく頭に入れて行動しており仕事をしている時でもなぜこんなに上手く事が進まないのか考えることが多いのですが、無駄なことは何であるかを理解することに重きを置いています。
本当に無駄なことは無くした方が良いのですが中には大切なこともあり、その場合には極力減らしたり効率良く業務を運営することができるように形を変えて作業を行うように努力をすることが多いです。
私を含めて職場では営業支援を取り入れるようになってから雰囲気が随分変わり効率性に重きを置くようになったのですが、まだまだ不十分なところがあるのでもっと考えて行動したいと思っています。

徹底比較!!!
SFAかCRM、どっちを入れたらいいか迷っている方🙋‍♂️🙋‍♀️
どっちがあなたの組織に適しているか、この記事を読めば一発で解決します!
営業支援ツールを入れたいけど、どうすればいいか悩んでいる方必見の内容です。
https://t.co/q2vBp41tAP

— cyzen【公式】 (@cyzencloud) July 2, 2019

営業支援 内容営業支援とは?成功のためのポイント